理事長所信

2022年度理事長所信

~はじめに~

1970年に社団法人篠山青年会議所が設立されて50年が経ち、市名の変更に伴い、一般社団法人丹波篠山青年会議所へ名称を変更し、気持ち新たに活動しています。そして本年度で53年目を迎えることが出来たのも、これまでの想いを受け継ぎ活動されて きた先輩諸兄から今日まで引き継がれてきたお蔭だと実感しています。
しかし、近年は新型コロナウイルスに青年会議所も悩まされ、今まで行ってきた当たり前の事が簡単に出来ず、なにをするにも難しい時代となってきました。青年会議所においても活動が困難な状況はありますが、明るい豊かな社会の実現を目指すという志を持ち、日々運動を行う私たちは、この状況を打破できるはずです。丹波篠山青年会議所はここ数年間で会員が減少していますが、それぞれの持つ個性が光り輝く、彩りのある少数精鋭団体です。その彩りはあらゆる困難に立ち向かい、変革を起こす力を持っています。今こそ先輩諸兄から受け継いできた想いや、根差す心を持ち、同じ志のもと持続可能な丹波篠山市を創るための運動をしていきましょう。

~黄色く明るい太陽さながら笑えるように~

丹波篠山青年会議所の会員は様々な色で例えられます。各々、自分の色を持っており、彩り溢れ個性豊かな会員は何色にも変化します。自分の色に学んだ色を加える、他の会員に自分が学んだ色を混ぜる。たくさんの色から学び、混ざっていき、自分の色を創りあげるのは成長や友情に繋がります。
青年会議所には成長する機会が多々あります。乗り越えた先には学びがあり、学びを得ると自然と笑顔になります。ひとりが笑顔になれば周りも巻き込む明るい笑顔になり、良い機会しか生まれない連鎖反応を引き起こします。私たちが相応しい美しい色に染ま ることを繋げて行きましょう。

~緑豊かな丹波篠山~

丹波篠山には年間を通して豊かな表情が沢山あります。春には篠山川周辺に咲き誇り美しく桃色に染まる桜並木、夏には輝くほどの新緑、秋には田園を金色に染める稲穂、 冬には枯れ木に色を付ける白銀の世界。その彩りは昔から絶えず丹波篠山に残り、私たちに郷土愛を与え続けてくれました。この豊かな景観は丹波篠山に住む先人たちが守り続け、受け継がれてきたものであり、感謝の気持ちを持ち、丹波篠山の未来を担う私たちもまた、絶やすことなく守っていく役目があります。四季折々、緑豊かな表情を持つ丹波篠山は未来に郷土愛を受け継がなければいけません。先人たちの郷土愛や想いを引き継ぎ、丹波篠山に根差した発信をしていきましょう。

~青少年への愛情~

私たちが学生時代の頃、登下校の際は出会う方々に当たり前のように挨拶をしていました。そして私たちが大人になった現在でも、元気よく挨拶をしてくれる子供たちを多く見かけます。現在はインターネットの普及や少子・核家族化に伴うコミュニケーション能力低下が危ぶまれる中、丹波篠山の子供たちは私たちの時代と変わらず、元気で親しみを持って地域の大人と接してくれます。これはひとえに、いつの時代も変わらず丹波篠山の大人たちが真剣に向き合い、互いに透き通った青い空のような信頼を抱き、地域が一体となって育ててくれたからではないでしょうか。私たちが大人になった今、そんな地域の大人たちのおかげで輝くことができています。これからの丹波篠山の未来を担う彩りを持った子供たちが、将来もその輝きを発揮できるよう、私たちが子供の頃に愛情を与えてくれた地域の大人たちを模範としながら、私たちもまた同じように子供たちに愛情を注いでいかなければなりません。

~赤く燃える友情を育む会員拡大~

現在の丹波篠山青年会議所があるのもこれまでに会員拡大を行ってこられた先輩方 のおかげです。私たちは先輩方から青年会議所の素晴らしさを学び、運動や発信を続けてきました。青年会議所の三信条のうちのひとつに友情という素晴らしい言葉があります。この丹波篠山青年会議所も互いを認め合い、苦楽や達成感を分かち合える仲間がいます。変革を起こすためには、同じ志を持つたくさんの仲間が必要であり、共に活動できる仲間を探すために発信し続ける必要があります。この丹波篠山に変革を起こしたいと考える同志の拡大をするために、彩りある個性を発揮できる場、さらに一生の友情を築ける場として、これからの丹波篠山青年会議所を創り上げて発信していきましょう。

~結びに~

私たちは会員数が少ないなかでも、悩み、それでも励まし合いながら、持続可能な丹波篠山市を創るための運動を続けています。それは、先人が守ってきた彩り豊かな丹波篠山の表情を守り継ぐためであり、この地で育ち将来を担う青少年のためであり、共に苦楽や達成感を分かち合えるような赤く燃える友情を持った仲間のためです。私たちは この丹波篠山で暮らさなければ見えなかった、この丹波篠山の色を知っています。この丹波篠山青年会議所で活動をしなければ見えなかった自分の色、人の色を知っています。そんな私たちが見ている、目の前に広がる彩りをより多くの人に伝えることこそが、持続可能な丹波篠山市を創るための運動です。
私たちは青年会議所会員である前に社会人です。各々に家族、会社があるなか青年会議所活動をしていることに感謝の心を持ち、いかなる時でも輝き続ける私たちの個性を 掛け合わせ、この丹波篠山を彩り豊かに私たちにしかできない虹を創っていきましょう。

基本方針

一、黄色い太陽のように笑える個々の成長

一、緑豊かな郷土を愛するまちづくり

一、青少年と共に育む事業の実施

一、赤く燃える生涯の友人と出会える会員拡大