入会のご案内

入ることでしか出会えなかった一生の仲間と、
新しい自分に出会える団体です。

一生の仲間に出会える

あなたには今、仲間と呼べる人がどれくらいいますか?

同じ目標に向かって、楽しみを分かち合い、苦しいときには励まし合い共に乗り越えていけるような仲間は、人生をより豊かにしてくれます。

丹波篠山青年会議所のメンバーはそんな仲間とともに、社会開発(地域貢献)や自己研鑽といった同じ目標を持って日々活動を行っています。メンバーの職業は多種多様で、普段の仕事をしていては絶対出会えないような業種の人や面白い人との出会いが待っています。メンバー同士でもよく「JCに入ってなかったら絶対出会ってないよな(笑)」と語り合っています。もちろん、ものの見方や方向性が違う分、すれ違いも起こりますが、そんなときでも他のメンバーがフォローしてくれたり、JCの掲げる同じ目標のもと、理解し合える関係を築けるのがこの団体です。大変なこともたくさんありますが、それが達成できたときの喜びはまた格別です。その喜びと苦しみをともに分かち合うことで一体感が生まれ、かけがえのない仲間の存在に気づくことができます。

また、仲間と出会う機会は丹波篠山青年会議所のメンバーだけにとどまりません。近隣の青年会議所や兵庫県内の青年会議所との交流の機会も多く、その気があれば近畿、全国の青年会議所とも交流が可能です。お互いがJCマンですから、初対面でもJC関連の話で盛り上がることができ、壁を取り払った近い距離での交流ができるのです。

新しい自分に出会える

青年会議所は社会開発のみならず、人間力開発も目標に掲げています。人間力開発とは、所属している人間を成長させることです。つまり、青年会議所に入ればあなた自身が人間としてさらに成長できる機会を得られるということなのです。

たとえば、もしあなたが会社の代表やマネジャーでビジネスのさらなる成長を望んでいるけど、成果に伸び悩んでいるのなら、丹波篠山青年会議所に入ることでヒントが見つかるかもしれません。他にも、人前で上手に話したい、段取り上手になりたい、ビジネスマナーを身につけたい、説得力のある会議資料を作りたいなどなど、あなたが望む人間力を手に入れられるのが青年会議所です。

こういうとすごく「うまい話」に聞こえてくると思いますが、おっしゃるとおり、そんなうまい話はありません。青年会議所が提供できるのはその機会であり、それをどう活かすかはあなた次第だからです。ダイヤモンドの原石は磨かないと価値が出ないのと同じように、提供された機会を受け身で捕らえるのではなく、積極的に活用していくことが人間力開発の肝なのです。

それを教えてくれるのもまた、青年会議所なのです。

入会に関する情報

メンバーにインタビュー

JCに入会したきっかけは何ですか?

多くの人にとっては普段の生活の中ではあまり馴染みのない団体である中で、実際に入会しているメンバーのみなさんはどのようなきっかけで入会されたのでしょうか?

JCの先輩が会社に訪問された際、会社の社長と面談され、自社としては後継者育成に役立つ、また商売をしている地域の役に立つので、社長からの後押しにより、入会しました。
普段お世話になっている先輩に悩みを相談していたところ、魅力のある団体だということで誘っていただいたので入会しました。
地域活性を担う会社に入っている中で、同じ目的を持った団体があるということをお世話になっている人から紹介いただき、活動の幅を広げたいと思ったため、入会しました。

JCに入会して変わったことはなんですか?

入会することによって様々な変化がある青年会議所。実際に入会することで得られたことは人それぞれだと思いますが、具体的にどんな変化があったのでしょうか?

普段は出会えないような様々な業種の方と知り合うことができ、仲間として一緒に活動することができるようになりました。
担当する事業を企画していく中で、より深く物事を考え分析できるようになりました。会社でも質の高い資料が作れるようになり、レベルの高いプロジェクトを実施できるようになりました。
様々な性格や能力を持ったJCメンバーと出会える機会ができ、いろいろな人の持つ価値観の中で意見を交わすことができたので、自然と性格が前向きになりました。自分が弱みだと思っていたことが実は強みだということに気付かされ、弱みを強みに変える力が身についたのだと思います。
入会する方は会社の代表者が多く、間違っていることを注意される人物が周りに少なくなりますが、利害関係なく間違っていることはしっかり注意し合える関係の中で、自分を見つめ直す機会を得ることができました。
会社の後継ぎをしなければいけない立場におり、当時は組織の代表になったり人を動かすという立場になることを自覚できませんでした。しかし、JCに入って人を動かす必要のある立場になったときに、それが自覚でき、人の上に立つという覚悟ができるようになりました。

どうしてJCを続けるのですか?

JCに入会した人は、そのほとんどの人が途中で辞めることなく、40歳の卒業まで続けられる人がほとんどです。誰が強制するでもないJC活動を続けようと思う理由はあるのでしょうか?

同じ目的で事業をする仲間がいるので、事業が終了した時にそんな仲間と喜びを分かち合うことで、大きな達成感を得られます。時には、苦しくてもしんどいときもありますが、それを乗り越えるたびに成長を感じられるのでもっと挑戦したいと思うことができます。
私はもともとシャイだったのですが、JCに入ってネガティブな思考をポジティブな思考に変換できる力を身に着けました。その結果、忙しい中でも時間を見つけることができたり、苦手な食事会でも積極的に交流でき、それが仕事にも活かすことに繋がりました。JCで活動を続けていれば、きっとさらに仕事に活かせるスキルが身につくと実感したので、40歳で卒業というのが名残惜しくなるぐらいです。
会社の人間関係だけでは得られない、利害関係のない仲間と知り合うことができました。気兼ねなく会話ができ、苦楽を共にして仲間意識が芽生えたことで真の共に出会えました。それがJCを続ける理由です。

入会するためには

まずは例会へオブザーバーとしての参加をご検討ください

丹波篠山青年会議所は毎月例会を開催しています。どんな活動をしているのか、どんなメンバーがいるのかをその目で確かめていただいた上で入会をしていただきたいと思いますので、まずは例会へのオブザーバー参加をご検討ください。 オブザーバー制度は、まだ入会していない方を対象として例会の見学ができる制度です。その後の懇親会にも参加できますので、そちらも合わせてご検討ください。

  電話でのお問い合わせ
079-594-4230
  FAXでのお問い合わせ
079-594-4231
  メールでのお問い合わせ
info@sasayama-jc.or.jp