委員会紹介

ひとづくり委員会

ひとづくり委員会スローガン

組織づくりはひとづくり
ひとづくり委員会委員長
小島 一晃
基本方針
豊かなまちをつくる原動力は、このまちを想うひとであり、今後も丹波篠山を想い活動や運動を続けていくためには、会員一人ひとりの個性を発揮し、時代に沿った地域に根差した活動や運動を模索し続ける組織である必要があります。
青年会議所の名の通り私たちは会議をする組織です。議案内容を事前に精査し、闊達な議論を交わすことにより、洗練された例会、事業を構築し、より豊かで持続可能なまちづくりをする運動の礎を築きます。そのために、ひとづくり委員会は、各委員会と資料配信や渉外の連携及び『会議をする』事務局の管理運営を徹底して行い環境づくりをいたします。
会員一人ひとりがまちをけん引するリーダーです。リーダーとしての想いを、会員同士で分かち合うことにより、会員の絆を深めます。その中で、会員一人ひとりの個性や魅力は、まちをけん引する力であると互いを動機づけ、刺激し合う中で切磋琢磨し、 会員一人ひとりの成長を称え、喜び、友情を深めることにより、組織としての能力を向上させます。
丹波篠山を想うリーダーの育成と同志の絆は、これからも豊かな丹波篠山を彩る宝です。ひとづくり委員会は今年1年間、ひとづくりと組織づくりに邁進します。
事業計画

1.例会の企画(1 月、8 月、12 月)
2.総会、理事会の開催及び例会の管理
(通常総会:1 月、8 月、12 月)
(理事会:予定者を含み毎回)
3.3JC 合同例会、懇親会の企画、開催
4.新年会の企画、開催
5.例会毎のLD タイムの企画、開催
6.OB 合同例会、懇親会の企画、開催
7.その他指導力に関する事項
8.記録保存に関する業務
9.事務局の管理運営及び書類の保管
10.定款諸規定に関する事項

11.一般庶務事項の処理及び慶弔に関する事項
12.年会費の徴収管理
13.財務諸表の作成及び財務関係資料等の情報公開
14.丹波篠山市内諸団体との連携
15.各種会合への参加窓口
16.各種会合におけるLOM ナイトの企画、開催
17.次年度役員選考委員の選出に関する事項
18.褒章に関する事項
19.その他の総務、財務、渉外に関する事項
20.日本、近畿地区、兵庫ブロック協議会の関係委員会との連携
21.会員拡大の実施
22.理事長諮問に対する答申業務

まちづくり室

まちづくり室スローガン

ずっといい「まち」つくりたい
まちづくり室室長
波多野 雄介
基本方針
「まち」をかたちづくるものは何か。それはその土地の自然であり、景観であり、住まうひとの営みです。きれいな空気と豊かな自然があるまち、ひとが温かいまち、それらの織り成す風景。私たちが住むこの丹波篠山は先人たちが家族とまちへの想いを未来に繋ぎ続けた結果としてここにあります。そして、この先もこの故郷を未来へ受け継いでいかなければなりません。
そのためにまちづくり室は丹波篠山の風景を守る事業を展開すると共に、これからの丹波篠山 を担う子供たちに対して地域の大人として模範となる姿を示しながら、大切なものが何かを伝え、将来このまちが故郷として、記憶に残る事業を展開します。そして、同時に事業や例会を通して築かれる行政や関係諸団体とのパートナーシップは、今後も丹波篠山が持続可能なまちであり続 けるために必要不可欠な財産となります。
未来の丹波篠山も彩り豊かな風景と、住まう人々がいきいきと輝き、優しさと思いやりに溢れた「まち」になるよう、まちづくり室メンバーはこのまちの誰よりもこのまちを想い活動します。
事業計画

1. 例会の企画
2.青少年の健全育成に関する事業の企画、開催
3.社会開発に関する事業の企画、開催
4.泉佐野 JC との連携及び交流事業の開催
5.交通安全旗寄贈に関する事項
6.家族交流事業の企画、運営
7.会員拡大の実施
8.丹波篠山市内諸団体との連携に関する事項
9.日本、近畿地区、兵庫ブロック協議会の関係委員会との連携
10.理事長諮問に対する答申業務

拡大広報室

拡大広報室スローガン

毎日がターニングポイント!!
拡大広報室室長
大内 敬司
基本方針
地域社会や経済の発展に一翼を担い、人財育成機関としての役割を担い続けてきたJC運動 を維持、また今後さらに拡大し続けるには、持続可能な地域を目指すJCの理念に共感する人々 をひとりでも多く巻き込み、地域に対して影響力のある運動を展開し続ける必要があります。
JC運動の主体となる会員の拡大を推進するために、入会資格を有する人々との交流の場を積 極的に設けることで、新たな同志の発掘に繋がります。また、活動内容を認知していただき、興 味、関心を持っていただくために、ホームページを中心とした情報発信ツールを活用し、活動内 容を発信することで、JC運動に対する共感を高め、賛同者を増やします。
JCが掲げる理念を拡大するために、メンバーに対して、JC運動の目的や、LOMの存在意 義の理解を図ることで、地域へより良い変化をもたらせる強固な組織が形成されます。また、将 来のLOM運営の中心となれる人財を育成するために、事業計画の作成、理事の役割、組織運営 を学ぶ事で、単年度制が円滑に遂行され、メンバーに多くの成長の機会が提供されます。
地域の社会課題に立ち向かい、新たな価値創造に貢献し続ける彩り豊かな人財の活躍により、 継続的に地域創生が推進され、志高き市民で溢れた持続可能な丹波篠山を目指します。
事業計画

1.例会の企画
2.ホームページの企画、運営
3.会員拡大の実施、管理
4.会員交流の企画、実施
5.新入会員の育成
6.その他会員交流に関する事項
7.その他広報に関する事項
8.丹波篠山市内諸団体との連携に関する事項
9.日本、近畿地区、兵庫ブロック協議会の関係委員会との連携
10.理事長諮問に対する答申業務