2019年度活動報告

12月度通常総会例会を開催しました

2019年12月19日に12月度通常総会例会を開催しました。 12月度例会では、2020年度に向けての重要事項の決定の決議と、2019年度の卒業生へのお祝い、そして褒章を行いました。   通常総会では、次年度理事長予定者、専務予定者、総務委員長を交えて、次年度の委員会についてや、予算についての決議をとり 無事、全会一致で承認いただきました。   褒章では、2019年度、優秀委員会として「交流推進委員会」が選ばれました!   最優秀委員会は「50周年推進委員会」でした。 50周年にふさわしい、素晴らしい働きでした!   最優秀新人賞では、今年入会された「大西雅文君」が選ばれました。 新人とは思えない働きで、メンバーを活気づけていただきました。   そして最後に、最優秀会員として「遠山雅治君」が選ばれました! 最優秀委員会である50周年推進委員会の委員長としてだけではなく、最優秀会員も受賞されました! 受賞された皆様、おめでとうございました!   卒業生スピーチでは今年卒業の中原委員長がはじめにスピーチをしていただきました。 山あり谷ありのJC活動で気づいたこと、先輩としてメンバーに残したい想いを伝えていただきました。   続いて、阪本君にスピーチをいただきました。 今年入会で今年卒業、という在籍期間は短いながらも、他に所属している団体で得た学びとJC活動を絡めながら 「組織において本当に大事なこと」を伝えていただきました。 中原君、阪本君、ご卒業おめでとうございます。 そしてこれからはOBとして今後ともよろしくお願いします。   メンバーは少ないけれど、熱い思いと、仲間との絆、そして、感謝の心は絶対にどんな組織にも負けない! それを証明できた2019年度だったと思います。 2020年度は更に飛躍できるよう、丹波篠山青年会議所一同、邁進して参りますので 今後ともご協力のほどよろしくお願い致します。...

10月度事業例会「丹波篠山KODOMO未来フェス」を開催しました

2019年10月26日、10月度事業例会「丹波篠山KODOMO未来フェス」を開催しました。 丹波篠山の地域の未来を担う子供たちが、1日子供店長としてフェスを開催するこの事業。 丹波篠山青年会議所は50周年を迎えました。 丹波篠山KODOMO未来フェスは、その50周年を記念する事業となります。 子供たちが自分のタスキとお店の看板を作っていきます。   着々と準備がすすんでいきます。 飲食店や、物販、食料品など様々なお店が出店されました。   そして、いよいよ開会となりました。 今回の事業は子供のための事業ですから、私たちメンバーはとにかく楽しく、子供に負けないぐらい元気に動いていきます。     すべての店舗の子供店長にインタビュー。 何の店か?おすすめはなにか?などいろいろな質問に対してしっかりと受け答えできる子供たち。   ステージイベントでは市内の高校生が、吹奏楽や書道パフォーマンスを行ったり、ダンスクラブの子供たちによるダンスが披露されたりと大盛りあがり。   たくさんのお客さんが来られた中で、最後までしっかりと店長を続けられた子供たち。 「またやりたい」「もっとやりたい」という声がある中で、丹波篠山KODOMO未来フェスは無事に終了しました。 ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!  ...

9月度例会を開催しました

2019年9月19日(木)に9月度例会を開催しました。 9月例会では「描こう!実現可能なキャリアビジョン」と題して、メンバー全員それぞれが考えたキャリアビジョンの共有と意見交換を行いました。 担当は交流推進委員会。 委員長趣旨説明を中原委員長が行います。   委員会メンバーが、キャリアビジョンについての説明を行いました。 キャリアとは、「これまでの経験」。 ビジョンとは、「ミッション(使命)を果たすための願望」。 自分が得た様々なキャリアから、ビジョンを明確にしていくという取り組みです。   キャリアビジョンの共有は3グループに別れて行われました。 メンバーそれぞれでぜんぜん違うビジョンが描かれていたり、似たビジョンが描かれていたりと様々でした。   「キャリアビジョンシート」にそれぞれが考えたキャリアビジョンを書いていき、発表しました。 10年後の理想の姿から、特になりたいビジョンを選び、それを具体化していくことによって次の行動に結びつけます。   ビジョンを落とし込んで「やるべきこと」を明確にしていくために「マンダラート」という技法を使いました。 9×9マスに特定の方法でキーワードを埋めていくことで、64個の「やるべきこと」が見つかります。   最後は、「決意表明シート」に今年中にすることを書き、発表しました。 発表したからには、やらないといけませんね! そして写真右側の方は、今回オブザーバーとして参加していただいた井上君です。 お忙しい中にも関わらず、参加していただきありがとうございました!   普段話しているようで話していない、「自分のキャリアビジョン」の話。 改めて共有することで様々な発見があり、さらにメンバー同士の理解を深めることができました。 メンバーそれぞれが描くビジョンに向かって、丹波篠山青年会議所メンバー一丸となって励まし合い、助け合いながら一歩一歩進んでいけること実感できる例会となりました。...

第52回ブロック大会三木大会に参加しました

2019年9月7日(土)、第52回ブロック大会三木大会に参加しました。 大変暑い中でしたが、会場は大賑わいでした。   分科会の様子です。   ステージでは「ウクレレジプシー -UKULELE GYPSY」が出演。 モンゴル800のボーカル「キヨサク」がウクレレ片手に熱唱し、会場は一体となりました。 この時、丹波篠山青年会議所はブースで丹波地鶏の鉄板焼と地ビールを提供していました!   ブロック大会のフィナーレには卒業式が行われました。 当青年会議所からは中原大輔君が登壇。 オリジナルのぼり旗も作りました。   最後は「ヴァンザイ」の掛け声とともに、卒業生にとっては最後のブロック大会を終えました。 少し寂しい気持ちを会場に残しながらも、残り4ヶ月弱を精一杯活動していこうと思える卒業式でした。...

LOM名称変更の承認をいただきました

2019年7月19日、公益社団法人日本青年会議所の理事会にてLOM名称変更の承認をいただきました。   理事会には大内理事長のみならず、正副メンバーと直前理事長も参列。 実は前日が例会でそのまま丹波篠山市を朝3:30に出発し、会場である横浜にたどり着きました。   LOM名称変更の承認に際し、大内理事長に挨拶をしていただきました。 さすがの大内理事長も緊張されておりましたが、心に響くスピーチをしていただきました。   そして、いよいよ...

7月度例会を開催しました

2019年7月18日(木)に7月度例会を開催しました。 7月度例会は「拡大作戦会議」題し、会員拡大に向けて会員拡大室の室長である水口副理事長と メンバーである各委員長による例会タイムが行われました。   そして、新入会員として畠宏幸君にバッジ授与を行いました! これからよろしくお願いします!   拡大大作戦では、水口副理事長が会員拡大の重要性を説き グループワークを行いながら、具体的な会員拡大の方法まで落とし込みました。 今年度は50周年記念式典祝賀会も終わり、年度も折返しとなりました。 次年度の話も進んでいく中で、ここから益々会員拡大に向けてメンバー一同尽力していくモチベーションになるような例会でした。 本年度拡大目標は「8人」です。 現在、3人の新入会員がいますので残り5人。 頑張っていきましょう!  ...

兵庫県知事との懇談会に参加しました

2019年7月1日に兵庫県知事との懇談会が神戸「兵庫県公館 大会議室」にて開催されました。 篠山青年会議所からは大内理事長が参加なされました。   主催である、兵庫ブロック兵庫の未来創造委員会へは篠山青年会議所から水口副理事長が出向されています。   今年は、兵庫ブロックの各地LOMから、各地方の課題に対しての取り組みやアイデアを発表し、それに対して井戸敏三知事が返答を行う、といった内容となりました。   丹波地域からは、丹波青年会議所の池田理事長から人口減少問題の課題についてお話いただきました。 人口減少問題を解消するために、丹波地域にある廃校などを利用して都会からサテライトオフィスを誘致しようという取り組みを発表いただきました。 兵庫県知事と話し合いができる機会は、青年会議所ならではの機会だと感じます。 「誰もが挑戦できる幸せな兵庫の創造」を目指して、まずはこのような機会に触れることのできる私たちが率先して挑戦をしていくべきだと感じました。...

創立50周年記念式典祝賀会を開催しました

2019年6月22日(土)に、一般社団法人篠山青年会議所が創立50周年記念式典祝賀会を開催しました。 式典は、たんば田園交響ホールにて行われました。   当日は、兵庫県下の各地青年会議所や、姉妹JCである泉佐野青年会議所の皆様、篠山青年会議所のOBの皆様、市内の各団体の御来賓の皆様に参加いただき、総勢170人以上の方々が会場に集いました。   オープニング動画が始まったあと、2019年度スローガンと大きな白紙が用意されました。   2019年度篠山青年会議所のスローガンである「感謝」が大きく書かれました。   今日に至るまで実行委員長として走り続けた遠山委員長の開会宣言です。   JCI Creed唱和を栗山副理事長、JCI Mission 及び JCI Vision唱和を水口副理事長、JC宣言文朗読並びに綱領唱和を交流推進委員会 中原委員長が行いました。   理事長挨拶の様子です   丹波篠山市長、兵庫県民局長、兵庫ブロック会長より祝辞をいただきました。   50年前、篠山青年会議所の設立に際し、スポンサーになっていただいた一般社団法人西脇青年会議所へ感謝状と記念品を贈呈いたしました。   40代〜49代までの歴代理事長に、感謝状を贈呈させていただきました。   最後は、一般社団法人篠山青年会議所のLOM名称変更について、理事長より発表いただきました。   栗山副理事長が閉会宣言を行い、式典は終了しました。   記念祝賀会は三の丸広場を会場に、巨大なテントの下、畳の上で開催されました。   和太鼓奏者の泉水雄太さんによる太鼓の披露から祝賀会が始まりました。   衆議院議員 谷様、兵庫県議会議員 小西様より祝辞をいただきました。   鏡開きを、地元のお酒である「鳳鳴」と「秀月」で行いました。   乾杯は、篠山青年会議所OB会の代表幹事である北山先輩に執り行っていただきました。   歓談の後はデカンショ保存会によるデカンショ節の演奏とデカンショ踊りを行っていただきました。   遠山委員長が挨拶を行い、波多野直前理事長に謝辞を行っていただきました。     1970年に創立されて以来、この地域と共に成長してきた一般社団法人篠山青年会議所は多くの方たちに支えられて50周年を迎えることとなりました。 今年度のスローガンである「感謝」を胸に、これから更に躍進していきます。...