活動報告

9月度例会を開催しました。

9月17日(木)に9月度例会を開催しました。 今回はメンバー同士の交流を深めるという目的のもと、フットサルを行いました。 入念なストレッチのもと、試合開始のホイッスル! AからDと4チームに分かれ、1ゲーム7分間で行い、 各チーム、総当たり戦で試合しました。 ゲームはファインプレーの連続で大いに盛り上がりました。 白熱した試合の結果 優勝はDチーム 準優勝はAチーム となりました。 皆楽しく、フットサルを楽しみ、交流が図れたと思います。 今年も、残すところ3か月となりました。引続き活動出来るよう頑張っていきましょう。...

第53回ブロック大会姫路大会に参加しました。

8月30日(日)に第53回ブロック大会姫路大会に参加しました。 今回は新型コロナウイルスの影響から、会場への来場者は限定されましたが、 代わりにオンラインを利用してどなたでも参加可能な大会となりました。 式典ではブロック大会実行委員会へ出向している本多委員長が司会を務め、 (一社)丹波篠山青年会議所での事業発表は足立委員長が発表しました。 ブロック大会に新たな方法で参加でき、気持ちを新たに頑張ろうと思います。...

8月度通常総会例会を開催しました

8月20日(木)に8月度通常総会例会を開催しました。 本年度の補正収支予算並びに次年度役員を決定する重要な総会例会となりました。 次年度の理事長予定者は水口義人君で承認となりました。 また、本年度はOB合同例会が中止となりましたが、OB会を代表され、溝畑代表幹事を始めとされます先輩方が本例会にお見えになられ、OB会協力金の贈呈、ご挨拶を頂戴いたしました。 例会タイムでは、組織の活動意義を考えようテーマに、総務広報拡大委員会が講師となり、青年会議所の誕生や丹波篠山青年会議所の誕生、活動目的や活動の魅力を考えて頂き、活動の軌跡を動画として振り返ることで、丹波篠山青年会議所の活動の魅力を共有しました。 例会タイム終了後、LDタイムを行い、山田副委員長、本多委員長、足立委員長が発表し、水口副理事長が講評されました。 監事講評は中原外部監事に講評頂きました。 最後になりましたが、溝畑代表幹事を始めとされます先輩の皆様、ご多忙の中、8月度通常総会例会にお越し頂き、誠にありがとうございました。...

7月度例会を開催しました。

7月16日(木)に7月度例会を開催しました。 今年初めての例会場にて開催となりましたが、新型コロナウイルスの対策として、席の間隔を空け、受付での検温、マスク着用等の対策を厳重に行いました。 今回の例会タイムではチームコーチングを専門されておられる株式会社人活工房の小笠原社長を講師としてお招きし「共創力を高めるチームのベクトルの合わせ方」をテーマにご講義頂きました。今まで以上に良い活動をするためには、管理だけでは不十分、リーダーの想いを共有するために何が必要か、リーダーの想いを共有しチームで考えると一人では出来ないことが出来るなど様々な気づきを頂きました。   今回の講義中、参加して頂いたメンバー、オブザーバーの皆さんも普段の活動を振り返りながら、真剣に講義を聞いておられました。   例会タイム終了後、LDタイムを行い、水口副理事長、細見委員長が発表し、本多委員長が講評されました。 最後になりましたが、今回ご多忙の中、ご講義頂いた小笠原社長、誠にありがとうございます。...

6月度例会で出した「新しい生活様式の中での地域経済の活性」のアイデアを紹介します

62020年6月18日(木)に6月度例会を行い、「新しい生活様式の中での地域経済の活性」をテーマにしたアイデア出しのグループワークを行いました。 例会の内容に関しましては、以前投稿させていただきましたのでそちらをご参考ください。 6月度例会を開催しました この記事では、6月度例会で出したアイデアをまとめ、紹介させていただきます。   アイデア出しを行った理由について アイデアを紹介させていただく前に、6月度例会でアイデア出しを行った理由について改めて説明させていただきたいと思います。 今年は新型コロナウイルスによって世の中が大きく変化している中で、将来が予測できず、地域経済の活性はさらなる困難を極めることが想像されます。 私たち丹波篠山青年会議所においても、毎月開催している例会が中止を余儀なくされるなど、例年通りの活動が難しい状況です。 そんな状況の中で、私たち丹波篠山青年会議所がこの丹波篠山においてするべきことは何かと考えた結果、 新型コロナウイルスによって公表された「新しい生活様式」を踏まえた、丹波篠山の地域経済を活性化させるアイデアを模索してみてはどうかという結論に至りました。 そして、ここで出たアイデアをいろいろな方に見ていただくことで 「丹波篠山にはまだまだ新しい可能性があるんだ」と感じていただき、さらに新しい可能性について考えるきっかけになれば幸いです。   アイデアの紹介 アイデア出しは2グループに分かれて行いました。 それぞれのグループで小テーマを決めており、その小テーマに沿ってアイデア出しを行いました。 グループAは「観光」を小テーマにアイデア出しを行いました。 画像はクリックで拡大できます。 PDFで確認される場合はこちらからPDFで閲覧できます。 グループBでは「農業」を小テーマにアイデア出しを行いました。 画像はクリックで拡大できます。 PDFで確認される場合はこちらからPDFで閲覧できます。  ...

令和2年7月豪雨災害復旧の為、支援物資を集いました。

令和2年7月豪雨により全国各地で豪雨災害が発生し、今回九州地方の復旧作業を行うためボランティアセンターを設置するにあたり、支援物資が必要になることを受け、兵庫ブロック協議会から兵庫県下25LOMに対し、支援物資を送りたいと声がかかりました。   当LOMでも少しでも早い復興を願い。メンバーへ支援物資の提供をお願いしたところ、沢山の支援物資が集まりました。     7月10日、集まった支援物資を兵庫ブロック協議会の事務局へ届け、同日夕方兵庫ブロック協議会により九州地方へ届けられております。     一刻も早い復旧を心よりお祈りしております。...

6月度例会を開催しました

6月18日(木)に6月度例会を開催しました。 今回は新型コロナウイルスの影響を考え、WEBを使用しての開催となりました。 本例会では「丹波篠山の新しい可能性を探そう!」を考えるため、「観光」と「農業」にテーマを絞り、グループディスカッションを行いました。   実際に2グループに分かれ、メンバー同士で様々な意見やアイデアを出し合い、最後各グループのアイデアを発表し、共有化を図りました。     久しぶりの例会でメンバーとも顔を合わせる機会が少なくなっていたので、メンバー皆さん、元気そうな姿を見ることができ、本当に良かったと思います。 本例会でディスカッションしたアイデアについては、こちらの記事をご確認ください。      ...

3月度事業例会を開催しました。

3月度事業例会を開催しました。 3月度事業例会は姉妹JCである泉佐野青年会議所と交流の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響もあり、急遽、丹波篠山青年会議所のみでの開催となりました。 今回の事業は丹波篠山の魅力を知ろうということで、大河ドラマ「麒麟がくる」にちなんで、八上城の戦いをモチーフに登山をしました。 郷土愛共育拡大委員会のメンバーが明智軍と波多野軍に扮し、演劇で八上城の戦いをわかりやすく解説。   登山道中では、丹波篠山の地の魅力と八上城の戦いを関連付けたクイズを出題され、道中楽しく登山が出来ました。 八上城の戦い、終盤です。   今回の例会で出席率100%となりました。 八上城の戦いを最後まで演じられた郷土愛共育拡大委員会のメンバーの皆さんでした。...

2月度事業例会 LD道場~比叡山延暦寺で道心を見つめる〜 を開催しました

2月度事業例会 LD道場~比叡山延暦寺で道心を見つめる〜 を開催しました。   まず、全体集合し、本日の流れを細見委員長が説明し、スタート。 細見委員長の気迫が伝わってきます。     1キロほど足慣らしで歩き、行者の方が修行をする登山道に到着     足取り軽く、登山を開始しました。     道中、自分自身の過去、現在、未来を見直し、考える時間を設け、自分自身の在り方を見つめ直しながらの登山。     途中苦しいところもありましたが   皆で見た景色は格別でした。     続いて、僧侶の方から精進料理を頂くにあたり、食事の作法を教えて頂き、 実際、精進料理を頂くということを体験しました。 精進料理を頂くことは修行であり、非常に張り詰めた雰囲気で頂きました。     座禅を組み、そして、法話を聞かせて頂きました。     最後に今日1日の振り返り、そして、今後の課題を皆で共有しました。     無事、LD道場を終了し、改めて「仲間の大切さ」 そして、「自分自身を見つめ直す」ことが出来ました。...