活動報告

7月度事業例会「チャレンジユニバーシティ in 丹波篠山」を開催しました

7月24日(土)に7月度事業例会「チャレンジユニバーシティ in 丹波篠山」を開催しました。 サブタイトルを「丹波篠山まんきつ 〜魅力発信の旅〜」とし、 高校生、大学生に丹波篠山のツアーを作って発表してもらう事業となります。   水口理事長の挨拶から…   ひととまち創造委員会の講義が始まります。 丹波篠山の人口が将来減る予想から、持続可能な町にするためには何をするべきなのかを講義しました。   続いて、今回講師としてお招きさせていただいた丹波篠山観光協会の広報を担当されている、今井めぐみ氏より講義をしていただきました。 今井氏は、丹波篠山の観光サイトやInstagramなどを活用して積極的に丹波篠山の魅力を発信されておられます。 第一線で活動されている今井氏からリアルな丹波篠山の情報発信について講義いただきました。   講義が終わると早速、ツアーの作成に移りました。 PCやスマホなどのICT機器を使いながら、丹波篠山のスポットを調べていきます。 食事はどこがいいか、観光スポットはどこがいいかなどを決めていきながら 実際にフィールドワークで現場に行って、調査をしていきます。 食事は、実際に食べてみないとその美味しさは伝わらないですよね。 今回のフィールドワークでは、参加者が丹波篠山の食事を自由に楽しめます。 自転車で丹波篠山の城下町を駆け巡ります! この日は天気が良すぎて外はとても暑かったです。   観光スポットに着いたら写真を撮影! 映える写真を撮れるかな?   フィールドワークが終わったら、各グループでツアーの発表を行います。   一番良かったツアーの提案をしたグループには理事長賞が送られます。   講師の今井氏から指名されたグループには、丹波篠山伝道賞が送られます。   6時間にも渡る長丁場の事業となりましたが、 参加してくれた高校生や大学生にとって、丹波篠山の魅力を十分に知ってもらう機会になりました。 また、主体的に動いていただいたことで、これからの丹波篠山の魅力発信がここから広がっていくのではないかと感じました。...

6月度例会を開催しました

6月17日に6月度例会を開催しました。 緊急事態宣言下での開催となり、Zoomで例会を行いました。 例会ではリーダーシップを高めるべく、毎例会で実施しているLDタイムの拡大版として 「パーソナルブランディング」を3名の方にプレゼンしてもらう例会タイムを行いました。   プレゼンは、波多野統括理事、頼金副理事長、畠委員長の3名に行っていただき それぞれ3名に対して 「ポジティブフィードバック」と「ネガティブフィードバック」を他のメンバーが講評として話していただきました。   発表者それぞれが個性豊かな発表をしていただきました。 この発表を通じて、今まで知らなかった一面が見られたり 印象が変わったりするのがこのLDタイムの良さだと思います。 これからもLDタイムとしてパーソナルブランディングの発表が続きますが 他のメンバーの発表にも期待です!...

4月度3JC合同例会「〜地域の未来を豊かにする『超』発想法~地域未来セミナー」を開催しました

2021年4月17日(土)に4月度3JC合同例会を開催しました。 4月度3JC合同例会では、「〜地域の未来を豊かにする『超』発想法~地域未来セミナー」と題し、 株式会社ブルームコンセプトの代表であられる小山龍介氏を講師としてお招きをした、ワールドカフェとバックキャスティングによるアイデア出しを行いました。 4月度例会は年に1度の、丹波篠山青年会議所の近隣LOMである丹波青年会議所、三田青年会議所の皆様をお招きした合同例会です。 日頃ではできないスケールメリットを活かした、未来に向けてのアイデア出しを行うことで 3JCの友情と、パートナーシップを育むことに繋げます。 ワールドカフェは、イノベーション領域を探索するための会議の手法です。 4人1組になってアイデアを出し、その4人が別のテーブルに移動することを繰り返すことで、多様な観点からアイデアを育んでいくことができます。 今回は、丹波篠山、丹波、三田の3地域でできる2050年の事業について、アイデアを出し合いました。   一方、バックキャスティングは未来から逆算して今何をするかを決める手法です。 2050年の未来を考えただけでは、「実現できるのか?」と疑問が生まれてきますが、そこから来年の事業を考えることで、トレードオフの関係にある「実現可能性」と「将来の発展性」の両方を活かせる事業を考えることができます。   コロナ禍での開催となりましたが、感染症対策に極力配慮し、Web参加も可能な形での実施をいたしました。 ここで生まれたアイデアに関しましては、近日中に公開いたします。...

3月度事業例会「インタビューでわくわく 実感しよう 丹波篠山の良さ」を開催しました

2021年3月13日(土)に3月度事業例会「インタビューでわくわく 実感しよう 丹波篠山の良さ」を開催しました。 本例会は事業例会として、丹波篠山の高校生が地域で働くIターン・Uターンの大人にインタビューをすることで、丹波篠山の魅力について知ってもらうことをねらいとして実施しました。   例会には、丹波篠山の高校生10名と高校教師1名の計11名に参加いただきました。 また、Iターン・Uターンの大人の方として、榎本陵様(クワモンペ経営)、今井めぐみ様(丹波篠山市観光協会 広報)、野澤裕樹様(居七十七経営)の3名を講師としてお招きさせていただきました。   榎本様は、丹波篠山のイタリアン「クワモンペ」の経営者で、Uターンで移住されました。 お父様の代を次いで、料理人として丹波篠山で働く上で感じる魅力についてお話しいただきました。   今井様は、丹波篠山市観光協会の広報としてお勤めで、福岡県からIターンで移住されました。 丹波篠山の観光の広報という観点から、丹波篠山の魅力についてお話いただきました。   野沢様は、木工雑貨屋である「居七十七」を経営されており、大阪府からIターンで移住されました。 前職では家具や内装デザインを行う仕事に就かれており、その技術を生かして木工製造をされています。 自身のお仕事の経験から、なぜ丹波篠山を選んだのかという観点から丹波篠山の魅力についてお話いただきました。   高校生はみんな積極的に質問をしていただき、終始活発なインタビューを行うことができました。 高校生にとってはもちろんのこと、我々丹波篠山青年会議所メンバーにとっても改めて丹波篠山の魅力を知ることができた1日となりました。 インタビューのまとめに関しましては後日、ホームページにて公開させていただきます。...

2月度例会を開催しました

2021年2月18日(木)に2月度例会を開催しました。 2月度例会では、トレーナーの澤田健吾様(JCI鳥取 2021年度理事長)をお招きし、JCプログラムの1つである「JCI Discover」を行いました。 今回は緊急事態宣言下でもあったため、Zoomでの開催となりました。   JCI Discoverでは、青年会議所の存在理由を発見することで、組織の使命を探ることを目標にして行われるプログラムです。 このプログラムは2020年11月12日に施行された新しいプログラムであり、 JCIについて包括的に学べる内容になっています。   自分自身の個性や価値観を見つめながら、それぞれが青年会議所の使命を旅になぞらえて探っていきます。   3時間にも渡るプログラムでしたが、青年会議所について理解する上で濃密な時間となりました。  ...

第1回拡大会議を開催しました

第1回拡大会議を開催しました。 2021年度(一社)丹波篠山青年会議所は、会員拡大を推進し、より効果的な運動を発信できる可能性を高めていきます。 第1回は現役メンバーが集結し勉強会を行いました。 垂範拡大室 大内室長の主導のもと、皆で会員拡大の意義を再確認しました。 最後に水口理事長より大号令をいただきました。 「必達拡大五名入会!」 ひとりひとりが主体となって必ず達成しましょう!...

1月度通常総会例会を開催しました

1月21日に1月度通常総会例会を開催しました。 本年度の初例会で、水口理事長が一年に懸ける熱意のこもった挨拶をされました。 本年度から入会された近松君の新入会員バッジ授与が行われました。 近松君、立派なスピーチでした。 総会が行われ、承認いただきました。 そして、2021年度水口理事長から、2020年遠山理事長へ感謝状の贈呈をされました。 本年度のLDタイムは「自分をプレゼンしよう」と題し、 パーソナルブランディングを考え3分間スピーチをします。 垂範拡大室 大内室長が先陣を切られ、その魅力と青年会議所の楽しさを伝えてくださいました。 最後に記念撮影 本年度の1月度例会は、コロナ感染症対策による緊急事態宣言下の開催となりました。 恒例の新年会は開催されず残念でしたが、いかなる時もリーダーとして、活動を紡いでまいりたいと思います。 一年間よろしくお願い申し上げます。...